ネットカフェで光熱費を節約

この時期、一番家計に響くのが光熱費、特に「電気代」と「ガス代」です。寒さに耐えきれず文字通り湯水のように使ってしまい、最高金額が電気ガスを合わせて25000円になった年がありました。私の月収の4分の1です。食品にも困るほど光熱費がかかります。

そこで利用しているのが「ネットカフェ」です。自宅の一番近くにあるネットカフェは宿泊パックではなくてもシャワーを使用する事ができる為、1時間210円のオープン席を利用し、ネット等には目もくれず、シャワールームに直行します。

1時間もあれば、その日着ていた衣服や下着を洗濯する事もでき、もちろん歯も磨きます。30日間、毎日利用しても約5100円。一年前の同時期のガス代と比べてみると、マイナス4000円の計算でした。

そして気づいたのですが、シャワー後、即帰宅して寝るまでエアコンを使うより、ネットカフェで就寝ギリギリまで時間をつぶした方が電気代も安くなります。

パソコンの電気代もかからず、飲み物もついていますので、約840円だけで5時間を過ごすことができ、これは毎日の電気、ガス、ドリンク代よりはるかに安いのです。

この方法に気づいてから、約2か月、自宅の洗濯機を使用するのか週に一度。水道料金は3分の1以下になりました。

全てを差し引きして昨年より約9000円お得になりました。