アコムで若者がキャッシングを身近に感じれるようになった

キャッシングというと、昔のテレビドラマの影響で怖い人たちに返済を迫られる、というイメージがありましたが、今はもうそんな場面もドラマで描かれるようなことはありませんし、かなりクリーンなイメージになってきたといっても良いです。

ですが若者がキャッシングを身近に感じるようになれたのは、アコムのテレビCMが大きいと感じます。「ラララ無人君」という、無人キャッシング機をアピールした宣伝は、軽快なリズムで耳にも残りやすく、若者の心を掴んだといえます。

まだお金の使い方が下手で無知な若者にまでキャッシングを勧めるような感じにもなってしまったので、その点は考え物ですが、それでもアコムの宣伝でイメージがかなり明るくなりました。