ショッピング枠とキャッシング枠の関係

キャッシングとはお金を借りることを意味し、クレジットカードにはこのキャッシング機能が備わっています。

つまり、手元にお金がないときにクレジットカードを使い、誰でも簡単にお金を借りることができるのです。

もちろんお金を借りることになるので金利は発生しますが、使い方によっては助かる人も多いと思います。

そこで今回はクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠について説明していきたいと思います。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二つの枠があり、キャッシング枠は利用可能なカード総額の中にあります。

この二つの枠の関係を理解するのに、3つのことを押さえておく必要があります。

例)ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円

①ショッピングのみに使用した場合50万円まで利用可能→ショッピング枠を全額利用した場合、キャッシング枠は0円

②キャッシングで20万円借りた場合ショッピング枠の残高は30万円

③ショッピングで40万円利用した場合キャッシング枠は10万円

のような関係になります。

この3点を理解すれば、自分にあったキャッシングの設定、利用が可能になります。