カードローンやキャッシングをし過ぎると自転車操業になってしまう

私がカードローンやキャッシングを利用すようになった経緯は、毎月の生計費やローンの返済が苦しくなってきたためです。

具体的に書きますと、月々のローンのを返済するために、カードローンのキャッシング枠からお金を借りる。

そしてカードローンの返済をするためにまた、カードローンを借りる。

いわゆる?自転車操業“というものです。

カードローンのキャッシング枠を利用してお金を借りれば、当座(目先の)のお金はなんとかやりくりできます。そこは助かると思います。

ですが、自転車操業ですので、カードローンを借りては返す借りては返す、毎月毎月そのような生活になってしまうのは、困ってしまいます。

そして、カードローンのキャッシング枠の利息は正直言って高利息です。

いちばん高いものですと年利15%とかになってしまいます。

私の場合、銀行のフリーローン(使い道は原則自由ですが、要申告)を活用し、いつまで経っても終わらないカードローン(自転車操業)を一括で支払いました。

これからカードローンやキャッシングの利用を考えている方は、ぜひ慎重に考えてください。

カードローンやキャッシングは手軽に借りれて、便利ですが、ひとたび自転車操業にはまってしまえば、カードローン地獄からなかなか抜けられなくなります。

最終的には、債務整理やカード破産ということになる場合もあります。

ですので、よく考えて、計画的にカードローンやキャッシングを利用して下さい。