キャッシングの本人確認って何をするの?

キャッシングの審査過程で重要なことに「本人確認」があります。例えば、自分ではない人が自分のふりをして申し込みをすると、自分はたまったものではありませんが、金融機関の方はそれどころではなく、貸し出した金を持ち逃げされる可能性があります。なので、申し込み・契約をする人が「本当にその人本人であるか」を判断するのはとても重要なことなのです。

一番簡単なのは、顔写真つきの公的証明書ですね。マイナンバーカード、パスポート、運転免許証などが該当します。これらのものが用意できない場合は、住民票や保険証など、自分を証明できる「公的」な書類を二種類以上用意するのが無難です。申し込みのあと契約する際に、必ず必要になりますので、円滑な契約のために申し込みのタイミングでは用意しておくことが重要です。