奨学金を返済している人は、キャッシングで高額な限度額は期待しない方が良い!

今のご時世、教育費用を借り入れせずに進学出来る方はあまり多くないのが実情です。両親の収入で教育費が賄えない場合、教育ローンや奨学金を利用し進学するのが一般的です。子供が小さいことから学資保険や貯蓄する行為に対し、年収自体が大きくアップしていないのが現状です。

大学や専門学校を卒業する際、奨学金や教育ローン(親子リレー方式)の返済となる場合、スタートラインから負債を負った状態となり、各種ローン契約の審査に影響を伴います。特に無担保ローンを利用して教育費を賄ったり、保証人不要の奨学金の場合は返済で重要になるのは収入です。その際、新たにキャッシング契約を行うことは、悪条件での申し込みとなってしまいます。そもそも、奨学金自体も個人信用情報に情報が登録されています。そして、キャッシング契約を行う際、借入金額や最終返還期日までも確認出来る状態です。つまり、既に年収を遥かに超える借入金額となっているだけでなく、毎月の返済能力が乏しいといった状況までも判断されてしまいます。

奨学金や教育ローンで高額な借り入れがある場合、返済能力に対する信用度が低くなりがちになるため、高額な限度額や低金利での契約はあまり期待できないといったことになります。