キャッシング申込に年齢制限はあるのか

キャッシングやカードローンのサービスを提供するほとんどの金融機関はサービスの申込み資格として「20歳以上の安定した収入がある」人となっています。つまり、キャッシングやカードローンを利用するためには未成年ではできないということです。未成年ではキャッシングやカードローンの利用ができないことはよく知られている事実ですが、キャッシングやカードローンを利用する年齢に上限があることは知らない人が案外多いのではないでしょうか。キャッシングやカードローンを利用できる下限年齢はほぼ20歳以上となっていますが、上限年齢についてはそれぞれの金融機関によって若干の違いがあります。それでもほとんどの金融機関では65歳から70歳くらいまでがキャッシングやカードローンを利用できる上限年齢にしていると言っていいでしょう。それなりの年齢になっている人は確認したほうがいいと思われます。

これは、金融機関が年金を安定した収入とみなさないことが影響していると思われますが、年金以外の収入があるという人でも年齢制限ですからキャッシングやカードローンを利用することは原則としてできません。年金以外の安定した収入がある人はキャッシングやカードローンをあまり利用しないとは思いますが。