銀行カードローンのメリットは消滅したのか

銀行カードローンの過剰融資問題によって、ほとんどの銀行カードローンは自主規制による審査の厳格化が行われるようになりました。2010年の改正貸金業法による総量規制の導入によって貸出残高を減少させていた消費者金融カードローンに変わって業績を伸ばしていた銀行カードローンにとっても大きな痛手となっています。

銀行カードローンの売りの一つに総量規制の対象外ということがありましたが、自主規制によってほぼ消費者金融と同じような規制が入ったと言えるでしょう。 少なくとも金融庁の目が届かないようになるまでは、銀行カードローンの審査はかなり厳しくなることが考えられますので、銀行カードローンは総量規制の対象外というメリットは事実上なくなったということになるでしょう。