銀行カードローンも事実上総量規制の対象になったと考えるべき

銀行カードローンといえば、以前までは銀行法によって総量規制の対象外となっていました。しかし、銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化してしまったことを契機として、法律的には銀行カードローンには総量規制は導入されているというわけではありませんが、全国銀行業界などが主導した銀行の自主規制によって事実上銀行カードローンにも総量規制が導入されたと同じような状態になってしまいました。

これでおまとめローンを除くと、金融業者からお金を借りる場合には全て総量規制があると思った方が良くなりました。おまとめローンは新たな借り入れをすることができませんから、総量規制の規制金額以上にお金を借りる事は非常に難しくなったということです。