総量規制対象外の銀行カードローン

消費者がお金を借りる際にネックとなるのが総量規制の存在です。この総量規制は消費者のお金の借り過ぎを未然に防ぐために施行された法律ですが、この法律によって消費者は自分の年収の三分の一までという金額が借入可能な金額の上限となっています。

ただし、この総量規制による年収の三分の一までという借入制限はすべての融資サービスに適応されているわけではなく、その対象外となっているサービスもあります。たとえば、銀行のカードローンに関しては貸金業者による融資サービスではないため、年収の三分の一までという借入制限の対象とはなっていません。借入審査の結果次第では年収の三分の一以上の金額であっても融資を受けられる可能性があるのです。