カードローンの中には銀行キャッシュカードをそのまま利用できるタイプもある

カードローンを契約する際には、周囲に利用がバレてしまうと困る人も少なくありません。金融業者から勤務先へ掛かってくる在籍確認電話についても、なるべく避けたいと考える人もいるでしょう。銀行カードローンは、在籍確認時に銀行名を名乗って連絡が入るので、消費者金融や信販会社とは異なり個人名で連絡を入れることはほとんどありません。自動車ローンや教育ローンを組む人は多いので、特に銀行から在籍確認電話があっても誰も不思議に思わないでしょう。

消費者金融からの電話連絡であれば、カードローンの利用が折り返し電話によりバレることがありますが、銀行名を最初から名乗る銀行カードローンならば、折り返し連絡を会社が掛けることは基本的にありません。あったとしても、銀行名を名乗るので何のローンを組んでいるのか会社側で知ることは無いわけです。

同僚にカードローン利用がバレてしまうのは、利用明細票を財布の中で見えるように入れていたり、専用キャッシングカードを発行して財布のカードホルダーへ入れていると、デザインやカード名から知られてしまうでしょう。そこで、銀行カードローン選びを行なう際には、既存のキャッシュカードにローン機能を付加するタイプを選べば、誰にも気付かれずにカードローン利用が出来ます。