キャッシングを利用した時の利息の計算方法

消費者金融のキャッシングを利用する時に、覚えておきたいのが利息の計算方法です。年率18.0%で1万円を借りた場合、利息は1,800円になるかといえば、借入期間によって変わります。

借りてから1年後に返済をすれば1,800円の利息を支払うことになりますが、1年未満であれば18.0%の年率は日割り計算となる為、支払う利息は少なくて済むことになります。その為、同じ1万円を借りた場合でも、30日後に返済すれば利息は僅か150円となります。年率自体は変えることができませんが、支払う利息というのは、返済の仕方によって大きく変えることができるようになっています。

このように、少しでも支払う利息を少なくしたいと考えた時に重要になってくるのが、完済をすることです。完済をする前に、便利だからと新たに借入をしてしまう人は少なくありません。完済前に借入をすると、借入期間が長くなり、それだけ支払う利息も増えることになります。

利息に完済までの期間が影響することを知らなければ、こうした状態を繰り返す可能性があります。しかし、借入期間によって利息が変わるということを知っていれば、賢くキャッシングを利用することができます。