キャッシングの返済を行なう時には随時返済を併用しよう

銀行や信販会社だけでなく消費者金融からも借入出来る状況下では、金利が同じであればどこから借入を行なっても同じと考えがちです。確かに約定返済日に口座自動引き落としを行なうのであれば、結果的に返済額は同じになるので一緒と言えるでしょう。しかし、約定返済のみを行なっていたのでは、いつまでも完済に至らずに長期間の返済が必要となってしまいます。

カードローンを利用したキャッシングでは、住宅ローンで利用されている繰り上げ返済と同じ仕組みを随時返済という形で手軽に行えます。随時返済を行なっても手数料が掛からないので、利用者が好きなタイミングで追加返済を行えば、一気に元金を減らせるわけです。随時返済の方法は、貸金業者によって異なるだけでなく、金融商品ごとにも違いがあるので、随時返済を利用しやすい金融商品を利用することが望ましいでしょう。

専用ローンカードを発行した上で利用するキャッシングならば、いつでも提携ATM経由で随時返済が可能となっている金融商品が多いので、申し込み前に返済方法を確認してみると良いでしょう。カードレスタイプや一部の信販会社が行っているキャッシングでは、随時返済を行なうためには毎月の返済額に増額申請を行なう方法しか用意されておらず、使いにくいことがあるので注意が必要です。