カードローンの申し込み審査の仕組みとは?

カードローンの申し込み審査では、WEB上から申し込みを行うと、その後に銀行と保証会社の審査があります。保証会社とは、その後の返済で、仮に返済ができなくなった場合、あるいは延滞した場合に、利用者の代わりに銀行に債務の支払いを行う会社を指します。言い換えれば、利用者の保証人となるのが保証会社なのです。ただし、仮に返済ができなくなり、保証会社が利用者の代わりに銀行に支払いをしたとしても、融資を受けたお金は払わなくて済むということではありません。今後の支払いについては、保証会社に対して行うこととなります。

銀行のカードローンでは、直接銀行が貸し付けを行いますが、返済の遅れや延滞が繰り返されると、銀行の代わりに保証会社が対応することとなります。カードローンの審査では、銀行の審査と保証会社の審査のそれぞれで融資が可能かどうかの審査を行うこととなるのです。そのため、カードローンの申し込み審査では、一般的なキャッシングサービスよりも、若干審査に時間がかかる傾向があります。最近では即日でカードを発行するカードローンも多くなっていますが、銀行と保証会社がそれぞれ審査を行うこととなりますので、その分だけ時間がかかるようになります。カードローンの利用では、多少でも余裕を持って申し込みを行うことが重要です。複数あるカードローンを比較して、出来る限り条件の良いカードローンを選択されることをおすすめします。